Home > 乳酸菌生成エキスとは

『乳酸菌生成エキス』 とは

概要

『乳酸菌生成エキス』は、長年の研究から完成された特許製法ー16種共棲培養特殊抽出法から得られる乳酸菌の発酵エキスです。
このエキスには、生きた乳酸菌ではなく、乳酸菌の分泌物(乳酸菌がつくりだしたエキス)と菌体物質(乳酸菌の細胞物質)が含まれています。

この乳酸菌生成エキスの製造方法は、通常の生菌の乳酸菌製剤のそれとは違う、大きな4つの特徴―①16種の乳酸菌(Fig.1)の共棲培養②豆乳培地③長期熟成④特殊抽出ーがあげられます(Fig.2)。

最近の研究から、豆乳培地で多種共棲培養すると、牛乳培地での単一種による通常培養よりも、乳酸菌の増殖密度が飛躍的に向上することがわかってきました(Fig.3)。その理由には、培地に含まれる糖類をはじめとする栄養素の違い、菌相互間の栄養素の再利用システム、種間競争の原理が働いていると考えられています。



『乳酸菌生成エキス』の成分と機能

『乳酸菌生成エキス』は、バイオジェニックスという乳酸菌素材としては新しい分野の機能性素材です。生きた乳酸菌(プロバイオティクス)とは、製造方法、成分、機能性が異なります(Fig.1)。

『乳酸菌生成エキス』には、乳酸菌の『代謝産物(乳酸や分泌ペプチドなど)』や『菌体物質(糖鎖などの細胞壁物質やDNA/RNA などの核酸物質など)』が含まれます。
精密な成分分析によると、4,000種類以上の様々な物質から構成される複合成分であることが分かっています。

乳酸菌生成エキスができるまで

イラスト1

第1段階‐1:発酵(菌の強化)
安全で高品質な大豆による豆乳の中に、16種類の乳酸菌を一緒に入れます。
菌が棲みやすい牛乳ではなく、
豆乳という住みにくい環境を与えることで菌が強くなります。


イラスト2

第1段階‐2:発酵(さらなる菌の強化)
16種類の乳酸菌を一緒に発酵させます。
(共棲培養)菌の強化と代謝活動はさらにすすみます。


イラスト3

熟成(品質向上)
発酵がピークに達し、代謝産物が飽和状態になると
菌の増殖活動は終息にむかいます。
これを熟成させます(1年間)。熟成の効果により品質はいっそう向上します。


イラスト4
イラスト5

第3段階‐効果をシャープにする
熟成した中から有効成分だけを抽出します。
菌そのものでなく、菌の分泌物や菌体成分のみを抽出することで、
その効果がよりシャープなものとなります。


完成

私達の健康をサポートする乳酸菌生成エキスの完成です。


工程1
工程2
工程3
工程4
工程5
工程6
工程7
*当社では、乳酸菌生成エキスを育てる大豆にもこだわっています。
専用農場で農薬・化学肥料を使用せず栽培した最高品質のものを使用しています。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.